HIVとはヒト免疫不全ウイルスのことで、エイズの発症に繋がるウイルスです。もしも怪しい症状が頻発するようであればHIV検査を使用してみてはいかがでしょうか?HIVから発症するエイズは早期治療で病気の進行を遅らせることが出来ます。

こんな人はHIV検査をしましょう!

HIV検査は、使いまわしの注射器を使用した可能性がある場合、体液が粘膜に触れる性行為をおこなった場合にその都度おこなっておくのが無難です。感染していないことが明確な、信頼できるパートナーとの性行為なら別ですが、そうでない場合は、万が一の事態に常に備えて検査を受けることです。日本では感染者は、残念ながら増えています。常に感染と隣り合わせであると考えていたほうがいいでしょう。HIV検査は簡単にできます。しかも匿名で、費用も無料だったり、1万円以下だったりと、それほど高額ではありません。感染の不安を抱えながら過ごしていても仕方がありません。明確な決め手となる症状もないため、血液検査で調べるしかないのです。しかし、HIVウィルスはそれほど感染しやすいウィルスではありません。感染していない可能性もかなりありますので、検査して安心したほうがいいでしょう。感染していた場合も、早期に治療が開始できるわけですから、ある意味安心できるとも言えます。HIV感染は、早期発見して薬を飲み続けさえすれば、死に至るものではなくなっています。普通に日常生活が送れますし、寿命まで生きることも可能です。HIVウィルスは、長い時間をかけて、人間の免疫細胞を破壊していきます。薬を飲むことで、免疫細胞の破壊を食い止め、HIVウィルスの数も相当減らすことができます。まだすべてを死滅させることはできませんが、今後医学が進歩すれば、それも可能になるかもしれません。ついこの間まで、HIV感染は死を意味するものでした。わずかの間にここまで治療方法が進歩したわけですから、希望はおおいにあります。それまで時間を稼ぐためにも早期発見、早期治療を心がけましょう。

HIV検査キットがあります!

HIV検査とはエイズになっているかどうかを調べる検査です。エイズは感染してもすぐに症状が出ることはありません、キャリアと言い菌を保有しているものの症状が出ない人も沢山います。しかしキャリアでも他の人に感染させるリスクがありますのでもしも心当たりに思うことがあればHIV検査で確認してみるといいでしょう。不特定多数の人と関係を持っている方は勿論のことですがたった一人の人としか付き合っていなくてもパートナーから感染させられる可能性もあるので多数人と体の関係を持っていなくても注意しなければいけません。HIV検査を病院に行ってするのに抵抗があるという方も安心してください。今の時代自宅にいながらにしてHIV検査をすることができます。検査キットを購入し、自分で指に針を刺して採決することで検査をしてもらえます。注射でするような採決ではなく指に少しだけ針を刺して少量だけ血を出すだけですのでさほど怖くありません。そして送付すれば後は結果が送られてくるのを待つだけになります。基本的に余計な個人情報を書く必要はありませんのでプライバシーを保つことができます。住所などの情報もただ結果を送付するためだけに使われるだけです。もしもエイズであることが判明すればその後は症状が出ないように治療をすることになります。陰性であれば安心できますのでどちらに転んでも自分が損をすることがありません。とにかく自分がエイズであるかどうかを知ることにより感染を拡大することを防げますので調べることが大事です。今の時代エイズ 検査キットを多くの方が利用しています。それだけエイズを気にする方が多いということです。自分だけが大丈夫だと思わないようにしましょう。

HIV検査をして早期発見をするメリット

HIV(Human Immunodeficiency Virus)はヒト免疫不全ウイルスのことで、AIDSの原因とされているウィルスです。潜伏期間は数年から10年と非常に長く、潜伏期間中の自覚症状はほぼありません。そのため、HIVの感染に気づくことは難しいのですが、何か感染の疑われる行動がある場合はHIV検査を早期に受信することが非常に重要になります。その理由は極めて簡単で、きちんとHIV検査を行って早期に発見すればするほどその後の生存率が高いのです。近年ではHIVウィルスに対する治療薬や、カクテル療法(Anti-Retroviral Therapy)などの治療法が開発されたことでAIDSによる死亡率は低下してきています。しかし、発症する前と発症した後では治療薬の効果に大きな違いがあり、発症後の効果は発症前と比較して明らかに劣ります。厚生労働省が発行した抗HIV治療ガイドラインによれば、HIV感染者の治療予後を左右する要因として、治療を始めた時点のCD4(ヘルパーT細胞、単球、マクロファージ、樹状細胞などの免疫系細胞が細胞表面に発現している糖タンパクで細胞表面抗原)の数が重要だとされています。CD4はヒトの免疫系において必要不可欠体な白血球であり、その数値が低下するということは体が持っている抵抗力が衰えているということを意味します。一般的に、健康な状態であればCD4の数値は700~1300とされていますが、この数値はHIVの潜伏期間に徐々に低下していきます。抗HIV治療ガイドラインによれば、このCD4の数値が350以上である場合と350未満である場合を比較した場合に、生存率に優位な差が確認できたということです。そのため、HIV検査を適切に行って早期にHIV感染を発見し、免疫能力が高いうちに治療を開始することが非常に重要となります。